医療脱毛Q&A

レーザー脱毛の出力について

医療用レーザー脱毛は医療行為に当たるので医師が行わなければなりません。そのため医師のいないエステサロンではレーザー脱毛を受けることができず、ほとんどが光脱毛です。何故限定されているのかというと、レーザー脱毛器はかなり高い出力まで設定することが出来るからです。


その適切な判断をするために、医療の知識が必要となってきます。効果が高いがある一方で危険を伴うものですから、何か合った時に対処できる医師だけが扱える、というわけなのです。一方エステサロンで扱う光脱毛などは出力が低く設定してあります。


どれぐらいの出力なの?


レーザーの出力の単位は「J(ジュール)」で表現されます。それぞれのレーザーによって平均的なジュール数が異なります。多くのクリニックでアレキサンドライトレーザーなら10から20J、ダイオードレーザーなら15から30ぐらいの出力にしています。数字が上がれば脱毛効果が上がりますが、痛みも強くなって、火傷が起こる可能性も高くなります。


しかし、低すぎては効果が得られませんから、適度な出力で施術するということが大切になってきます。それは経験を積んだ医師であればしっかり判断することが出来ます。肌の様子に合わせて適切な出力で施術してくれることでしょうから、相談しつつも、任せましょう。


デフレ