医療脱毛Q&A

全身のムダ毛にレーザー脱毛出来るの?

脱毛する箇所で多いのがワキや脚、腕などが多いのではないでしょうか。ここもやってみたいけど、難しいだろうな...と思っている方!実施しているクリニックもあるかもしれません。4種類のレーザー脱毛器を使い分けることで難しそうな箇所でも脱毛できる可能性があります。


特に顔の脱毛は危険だからやってもらえないんじゃないの?と思っているかもしれませんが、最近ではやってくれるクリニックは増えてきています。つまり、レーザー脱毛によって、ほぼ全身が脱毛できるということです。しかし、そんな中でも危険が伴う箇所は出来ません。


レーザー脱毛出来ない箇所は?


さんざん言ってきたシミやあざ、ホクロ、乳輪など色素の濃い箇所は施術出来ません。また、粘膜に近いまぶたやIラインも難しいです。特にまぶたの脱毛はレーザーが黒い瞳に反応することで失明などのトラブルが起こる可能性があるので大変危険です。


粘膜には毛根が無いのでわざわざ粘膜にレーザーを当てるわけではないと思いますが、ギリギリまで当てるとなるとレーザーが溢れてあたってしまうことはあり得ます。当たらないようにするには高度な技術が必要で、もし際の部分を施術したいのであれば、実績があって信頼できる医師に相談してみましょう。


わきのレーザー脱毛


特に夏は処理が欠かせないのがワキのムダ毛ですよね。顔から近いとこにあり、視界に入りやすいのでぼーぼーに生えているとかなり目立ってしまいます。電車の吊革なんて絶対に持てません。ただ、範囲が狭いので5分から10分ぐらいで施術が完了するのでかなり楽です!しかも毛が太いので反応しやすく、回数も少なくて済みます。キャンペーンを使えば千円以下で受けられることもあります。


脚のレーザー脱毛


夏などの露出の激しい季節には脚のムダ毛は目立ってしまいます。特に膝下は毛が濃く、しっかり処理しないと目立ってしまうのでかなり厄介です。女性はスカートやショートパンツを履きたいですから絶対に処理しておきたいですよね。そのためワキ毛と同じぐらい人気が高い箇所です。施術時間は20分から30分程度です。大体6回前後で完了します。


腕のレーザー脱毛


腕の毛はそこまで濃い場所というわけではないのですが、目につきやすいため、薄くても毛が生えていることがバレやすい箇所です。冬の露出の低い季節でも、袖をまくったりした時に見えてしまいます。特に色白の人は目立ってしまい困っているようです。腕もだいたい6回前後で完了します。


VIOのレーザー脱毛


VIOの毛は全身の中でも濃く、量が多いです。個人差はありますが、密集して生えているのがほとんどです。特に毛が濃い人は下着からはみ出てしまい、そのままだと可愛い下着や水着が着れない、なんてこともあります。また、毛の量が多いとムレてしまって衛生的にも良くありません。


VIO脱毛のVの箇所は他とは違い、フロントから陰部が見えないように少し残しておくのが普通です。形は逆三角形や長方形、楕円形など様々で、中にはハート型にしたりしておしゃれを楽しんでいる人もいます。人に見られるから躊躇してしまう人も多いかもしれませんが、それよりも綺麗に整えることで清潔感がありますし、悩むこと無く好きな下着や水着が着られます。


VIOは敏感な箇所ですし、色素沈着を起こしていることもあり、他の箇所よりも出力を抑えての照射になるでしょう。しかし、VIOの毛は太いので反応しやすいので大体6回前後で終わると言われています。ただし、特に色素の濃いIラインは時間がかかって、9回前後は必要なようです。


顔のレーザー脱毛


よーく見てみないと分からないけれど、顔にもしっかり産毛が生えてはいませんか?濃い人の場合だとこまめに剃らなければならず、結構大変ですよね。結局ファンデーションを塗ったりするから見えないでしょ?と思っている人もいるかもしれませんが、顔の毛が無いと化粧のノリが格段に良くなります。


ただ、生えるごとに顔の毛を剃っているとかなり顔に負担がかかってしまいます。顔の皮膚って薄くてデリケートですから、処理することで乾燥やシミ、ニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。ですから、レーザー脱毛で生えてこなくすることが良いでしょう。


クリニックにあるレーザー脱毛器によっては脱毛効果だけではなく、美肌効果が期待できるものもあります。コラーゲンを生み出すことで顔にハリが出ます。ただ、顔の毛は細く、レーザーにとても反応しにくいです。実感し始めるのに5回前後、つるつるにしたいのであれば10回以上施術しなければなりません。


デフレ